寄付金の税制上の優遇措置について

 『ファンドレイジング福祉にいがた』は社会福祉法人新潟県社会福祉協議会(以下、本会という。)が運営しており、本会が寄付金を受領し領収書を発行いたします。

社会福祉法人に対する寄付金は税制上の優遇措置が適用され、所得税や法人税の税額控除及び個人住民税の税額控除(ただし、条件で首長の指定を受けている自治体のみ)が受けられます。

税制優遇措置を受けるためには、本会が発行した領収書を添えて確定申告を行ってください。なお、確定申告の詳しい手続きについては、所轄の税務署にお問い合わせください。

個人による寄付

税額控除は寄付者に対する税制優遇で、寄付金額の一定の金額を所得税額から控除する制度です。[A]寄付金控除(所得控除)の適用を受けるか、[B]寄付金特別控除税額控除の適用を受けるかどちらか有利な方を選択できます。

ただし、本会は『税額控除非対象法人』(寄付金特別控除税額の適用を受けられない法人)であるため、本会に寄付した場合は、[A]寄付金控除(所得控除)の適用を受けることになります。

本会に寄付した場合

法人による寄付

法人税法上の特定公益増進法人等に対する寄付金に該当し、次の1、2のいずれか少ない金額を損金の額に算入することができます。

  • 本会に対する寄付金の額
  • 特別損金算入限度額

(注) 本会に対する寄付金のうち損金の額に算入されなかった金額は、一般の寄付金の額に含めて、別途 損金算入限度額の計算を行うことができます。

詳しくは国税庁のホームページをご覧ください。